石鯛とは

石鯛とは

2019年2月22日 オフ 投稿者: 海坊主

磯の王者石鯛

島根県知夫里島にて
  •  分 類 スズキ目イシダイ科イシダイ属
  •  学 名 Oplegnathus fasciatus
  •  英 名 Striped beakfish
  •  別 名 クチグロ、ギンワサ、ホンイシ

石鯛とは 幼魚の時は体に7つの縞模様があり 35センチぐらいまで サンバソウと呼ばれ、小さい物は港の波止場や沖の防波堤などでも良く見かけられる魚です。幼魚時代は湾内の内海で育ち大きくなると磯などの起伏の激しい場所へと活動を移しエサとなるウニ、エビ、カニ、サザエなどの甲殻類や貝類を捕食するようになります。成魚は大体40~50cm以上で、メスは大きくなっても縞模様のまま大きくなり、オスは銀ワサ【ギンワサ】と呼ばれ全身銀色の雄らしい姿に変貌します。

食べても非常においしい魚で、お刺身、煮つけなど、高級料亭や割烹料理屋など日本料理店の席ではよく見かけられる魚です。


石鯛の魅力としては
稀に全長70cm・体重7kgを超える老成魚が漁獲され、ベテランの釣り師の間では『夢の70(ナナマル)』と言われ、磯釣りの魚としては最高峰の釣り魚となっています。 釣り人が海面に引きが込まれるぐらいの強烈な引きで、頭も魚類の中では非常に賢く、硬く頑丈なくちばしで仕掛けを引きちぎって行く。そのような魚は石鯛以外の何物でもありません。『幻の魚』『磯の王者』 と言われるのもうなずけるのではないでしょうか?

磯釣師の中でも石鯛を狙う釣り人を底物師と呼び日本各地でこの石鯛の魅力に取りつかれた釣り人は私を含めて数多いように思います。

あなたも幻の魚、石鯛を釣ってみたいと思いませんか?

       * 写真 上が石鯛のオス 下が石鯛のメス

 

目次

① 石鯛とは

② 石鯛の釣れる時期

③ 石鯛の釣れる場所

④ 石鯛を釣るための服装

⑤ 石鯛を釣るための道具

⑥ 石鯛の仕掛け

⑦ 石鯛のポイント

⑧ 石鯛の釣り方

⑨ 石鯛を釣るために